毛皮を買取査定に出す前に・・・

ミンクというのはイヌ亜目、イタチ科の動物であり、このミンクを使ったコートなどが存在しています。ミンクの毛皮を使ったコートなどを売るときに、できるだけ高額で売りたいのであれば掃除しておくといいでしょう。毛皮の値段はコンディションが大きく影響してくるので、汚れなどがあるという時にはクリーニングに出して綺麗するといいです。ミンク素材のものをクリーニングに出すときにはどれくらいの料金がかかるのかというと、これはコートの長さが大きく影響してきます。基本的にコートの長さが長いものは、その分クリーニングする面責も多くなるので、料金はやや高めになってしまうのです。

また、クリーニングするときにはドライクリーニングを避けておき、パウダークリーニングをするのが常識であるといえます。これはどういうことかというと、ドライクリーニングをすると革が乾燥して劣化してしまい、更に毛並みも悪くなってしまうので価値が下がってしまうのです。これでは、あまりいい相場で売ることが出来ないので、必ずクリーニングをするときには確認しておきましょう。

毛皮を売るときには、専門店などに持っていき買い取ってもらうことになるのですが、店頭までこれないという時は宅配買取を利用して売るのがいいです。宅配買取は自宅に居ながら売ることができる買い取りサービスなので、店頭まで持って行かなくても宅配キットの中に売りに出したい毛皮を入れて売ることが出来ます。

宅配買取を利用してみよう

クローゼットの中に着用していない毛皮があるのなら、これを売却するとお金にすることが出来ます。どうせ売るなら高額売却をしたいという方はほとんどでしょうが、高額売却をするときには、毛皮の状態がどうなのかというのが大きく関わってくるので、売る前に汚れがついていないか、臭いがきつくないかというのを確認しておきましょう。ホコリ等の汚れがあるのなら振り払っておき、臭いがあるのなら日陰に干して脱臭するといいです。どうしても気になる汚れがあり取り除く事ができないのであれば、クリーニングに出してみるといいでしょう。

クリーニングをするときにはパウダークリーニングをしてもらうことになるので、ドライクリーニングと間違わないようにします。ドライクリーニングをしてしまうと革の劣化と毛の部分がぱさついてしまい、更に毛玉なども発生するので状態が悪くなってしまうので注意しましょう。

毛皮の買い取りについては、専門の買取店に持って行くことになり店頭で売ることが出来ます。店頭までこれないのであれば、出張買取を使って自宅までお店の方に来てもらうという手もあり、これなら毛皮を店頭まで持って行かなくてもいいので、輸送している時に毛皮が破損してしまうという可能性を防ぐこともできるのです。

その他に、宅配買い取りを利用して自宅に居ながら売ることも出来、この宅配買い取りは全国どこにいても利用することができるので手軽に売ることができます。

まずは査定してもらおう

使っていない毛皮を売る場合、そのままにしておくのはもったいないので専門店に持っていき売ってみるといいでしょう。この専門店というのは毛皮を買い取りしているお店であり、コンディションによってはかなり高く売ることが出来ます。基本的にコンディションがいいものが高額で売ることができるのですが、コンディションがあまり良くないものはいい値段にはなりません。

毛皮本体にシミや汚れ、臭い、痛みなどがないと高く売れるのでこれらのものがあるのなら、クリーニング等をコンディションを最善のものにしておくといいです。臭いがきつい場合、は日陰に干しておき臭いを除去しておいたり、汚れがあるときにはクリーニング屋に持って行くことにより綺麗にすることが出来ます。ただし、クリーニング屋にクリーニングを頼むときには、パウダークリーニングをするのが基本なので、ドライクリーニングをしないよう気をつけておきましょう。

また、それぞれのお店では買取価格に違いがあります。なので、たくさんのお店に持っていき査定してもらうことにより高く売ることが出来る業者を探す事ができるのです。たくさんのお店を利用するときには、各お店が実施している宅配買い取りを利用すると非常に便利に査定に出すことが出来ます。

宅配買い取りは自宅に送られてくる宅配キットに商品を入れてお店に送ることで、査定や買い取りをしてもらうことができるというものであり、遠くにあるお店も簡単に利用することができるのです。